顔汗を止めるボトックス注射とは


シワ取りでお馴染みのボトックス注射。実は顔汗を止めるのに効果が期待できる方法のひとつです。汗かきさんなら、見逃せない情報ですよね。そこで今回はボトックス注射についてご紹介します。

そもそも「ボトックス注射」って?

ボトックス注射といえば、海外のセレブがシワ取りのために手軽に利用している美容成形法で有名です。それがなぜ汗かきに効果があるのでしょう?

ボトックス注射は、「A型ボツリヌス毒素」を有効成分にした注射のこと。まぶたや顔面など、筋肉の緊張によって起こる麻痺疾患の治療薬としても知られている存在です。

A型ボツリヌス毒素と聞くとドキッとしますが、実はしっかり毒素となる部分を排除したものなので、容量をしっかり守っていれば安心です。

この注射には、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質の生成をブロックし、筋肉の働きを鈍らせる作用があります。つまり表情筋の動きを鈍くさせてシワをできにくくするので、美容整形として人気があるのです。

アセチルコリンの働きを鈍くして、顔汗改善

アセチルコリンは神経伝達物質のひとつで、筋肉を収縮させたり興奮させる作用を持っています。簡単にいうと自律神経から発せられる信号を受け取って放出される物質です。この働きのひとつに発汗も含まれています。

そのためアセチルコリンを鈍らせることにより、汗を出にくくすることが可能になるのです。

注射ならではのメリットとして、狭い範囲に影響を及ぼせる、ということです。顔汗はもちろんのこと、脇汗など気になる場所だけにポイントを絞れるのがうれしいですよね。

ボトックス注射のメリットとデメリット

メリットは、施術後2~3日程度で、効果が実感できること。施術後すぐ元の生活に戻れるのも大きな魅力です。

しかしその効果は一生続くものではありません。逆にその手軽さが“プチ成形”とも呼ばれ、多くの女性たちに受け入れられているのです。持続効果も個人差があり、平均して半年ほどの効果が見込めるといわれています。

デメリットは、注射なので当然ながら施術時に痛みを伴います。また、効果に持続性がないため、場合によっては何度も施術を受ける必要があります。さらに顔汗の場合は保険が適用されません。そのため治療箇所によって治療費が嵩む可能性があります。

ボトックス注射は、顔面痙攣や多汗症の治療薬として厚生省にも認可されている安全性の高い治療法ですが、副作用が起きる場合もあるようです。ですが筋肉よりも浅い位置にある汗腺の場合、副作用はほとんど起きないといわれています。

いずれにしろ、治療費、施術を行っている専門クリニックなど、事前に下調べしておくことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。