顔汗を止めるパラフェノールスルホン酸亜鉛


汗かき対策のグッズや成分はいろいろと存在しますが、今もっとも注目を浴びているのは「パラフェノール酸亜鉛」です。人気商品にも含まれている成分なので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

特に純度の高いパラフェノール酸亜鉛は、汗を抑える効果が期待できます。では一体どんな成分なのか、解説していきたいと思います。

パラフェノール酸亜鉛とは

主に医薬部外品のメイン基剤として使われている成分で、発汗抑制や収れん効果があることで知られています。

純度が高いパラフェノール酸亜鉛は、ほとんどが金属塩で構成されています。金属塩は汗に含まれるたんぱく質と合わさると固まる性質があります。

顔汗がひどいとまずは汗の量を減らしたいと思いますよね。その悩みにまさにピッタリな成分で、汗腺から出ていく汗に吸着し、皮脂を外側に出ないようにしてくれるのです。

特筆すべきは、強制的に汗を止めるのではないところ。不健康な作用ではないので、安心なんです。さらに合成化合物に比べると肌へのストレスも少ないので、肌質が弱い方も安全に使えます。

継続するほど効果が高まる?

パラフェノール酸亜鉛を使った実地試験では「5日目から汗の量が減ってきた」という声が多かったそうです。さらに継続して使い続けたら、「汗の量がどんどん減少した」という結果も。

これは顔汗に悩んでいる方には見逃せない報告ですね。顔汗に限らず発汗量が気になる方には、ぜひ利用したい成分です。

臭いにおいが気になる場所に

ワキガや足の裏など、においが気になる汗の出る場所は、そもそも汗に含まれる成分に、さまざまな成分が含まれています。これらは雑菌のエサになり、菌がたまりやすくなります。そのため、臭いにおいや、肌荒れなどが起きてしまうのです。

汗の量を抑えることで、当然、においや肌荒れをブロックできるので、パラフェノール酸亜鉛は、汗のにおいケアを気にされている方にも有効な成分です。

成分にこだわったものを使いたい

発汗量の抑止効果が高いパラフェノール酸亜鉛にプラスしたい成分があります。汗対策に必要な美容成分や保湿、そして菌から肌を守る作用や、消臭作用もほしいところですよね。

顔や肌に直接つけるものですから、肌に優しいものがベストです。そう考えると植物から抽出された天然エキスのものがいいかもしれません。

汗対策のアイテムを購入する際には、ぜひ成分をよくお確かめのうえ、ご購入されることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。