臭くない!顔汗は「エクリン汗腺」だから


汗が出てくる出口には2種類の汗腺があります。ひとつは「エクリン腺」といい、ほぼ全身にある汗腺です。もうひとつは「アポクリン腺」といい、局所に分布している汗腺です。

汗は出口の汗腺により汗に含まれる成分やにおいも違うことをご存知でしょうか?

顔汗はエクリン腺から出る汗

通常私たちがかいている汗はほとんどが「エクリン腺」から排出されるものです。

人種や個人差により存在する汗腺数が変わるといわれていますが、平均すると約350万個が体中にあるそうです。特に集中している場所が、手のひら、足の裏、額で、いわゆる汗をよくかく部位ですね。

汗かきの悩みのなかでも、ごまかしがきかず、対策に悩むのが「顔汗」ですが、この顔汗もエクリン腺から出る汗です。

2つの汗腺のタイプとは

エクリン腺から出る汗は、99%が水分で構成されています。だから本来はサラサラしていて、乾きやすく、「臭いな」と感じることは少ないと思います。

それに比べアポクリン腺から出る汗は、フェロモンのような役割を果たしています。脇の下、陰部、耳の中、乳輪、肛門など限られた場所にあり、アンモニア、鉄分、脂質などが含まれているため、ベタベタしていて強いにおいを発する汗です。

エクリン汗のはずなのに…臭いのはなぜ?

実は汗には“いい汗”と“悪い汗”があるといわれています。発汗の大きな目的は体温調節をするためなので、健康であれば、通常はサラサラした汗をかいているはずです。

ところが普段の生活習慣が乱れていると、汗腺の働きが鈍ってしまいます。発汗作用が正しく働かず、体に重要な「ミネラル」までもが体外へ排出されたり、においの原因となる成分が汗に混ざってきます。

そのせいで本来サラッとした汗がペタッとしたり、汗に含まれる物質に雑菌が繁殖したりするのです。

もちろん長時間放っておくのもにおいの原因になります。つまり、エクリン腺から出ている汗なのに臭いのは、「ケアを怠っている」か「汗腺の働きが鈍くなっている」せいなんです。

臭い汗をケアしましょう

まずは長時間放置するのはやめましょう。制汗剤スプレーや汗対策グッズはたくさん販売されているので、それらを利用したり、コマメに拭きとったりしましょう。

また、汗腺の働きが鈍っている場合には、しっかり休息する時間をつくり、ストレスを溜めない生活を送りましょう。食生活や運動不足の改善も積極的にとり組んでいくことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。